www.booksofsouthwind.com

バンクーバー朝日軍について

「バンクーバー朝日軍」はカナダに渡った日本人が結成した野球チームのことです。
1900年代初めに日本人は仕事や住む場所を求めて世界中に新天地を求めて渡っていったのです。
カナダにも多くの日本人が住むようになったのですが、このバンクーバー朝日軍はカナダに実在した野球チームで、人種差別に貧困に合いながらもカナダで懸命に生きた日本人の話なのです。情報はこちらバンクーバーの朝日にあります。

 

人種差差別に合いながらもフェアプレーを守り強くなっていったバンクーバー朝日軍ですが、その結果嫉妬にあうようになってしまい相手チームからはラフプレーを受けたり審判も相手にひいきになるような行動をしたりなど虐げられていたのですが、その中でも抗議することなくフェアプレーを続けた所、その姿が観客の心を動かしていくという感動の実話なのです。
TVで紹介されたり、漫画になったりまた映画化もされます。
いまとても注目されているのは今年がバンクーバー朝日軍が結成されてから100年だからだそうです。